いい先生、最高の先生とは

メンタリストのDaiGoさんが好きで

彼の本を何冊か持っているんですけど

その中で、面白いなぁと思ったものを紹介させてください。

 

普通の先生は「問題の解き方」を教え、いい先生は「勉強の仕方・考え方」を教える。そして最高の先生は「勉強の楽しみ方」を教える。

 

これを読んだ時、

お医者さんにも当てはまると思ったので

分類してみました。(個人的な

 

普通の先生は、

「丁寧に話を聞いてくれて、(こちらから聞いたら)情報を与えてくれる」

いい先生は、

「(こちらから聞かなくても)情報を与えてくれて、一緒に考えてくれる」

最高の先生は、

「生きる気力を湧かせてくれる。」

 

ってことなんじゃないかな、と私は思います。

 

ITPだけでも、主治医が6人変わりました。

みんな大体いい先生だったけど

今の主治医だけが、最高の先生だった。

 

最近まで通院していた、

アレルギー内科の先生は普通の先生だった。

シェーグレン症候群の特徴や治療(対処療法しかないことも)を

先生から教えてくれることはなかった。

 

花粉症でかかってる、

家の近くの耳鼻科の先生は本当にいい先生だった。

症状を丁寧に聞いてくれるのももちろんだし、

「今花粉で困っている人はこんなこと相談するよ」って教えてくれたり

「まずはこの薬を飲んでみて、効果があるか試してみて、効果次第で、また考えましょうね。」って、

花粉の辛さを私と同じように悩んでくれて、

一緒に良くして行きましょうって思ってくれてる気持ちが伝わる。

そこそこ混んでて2時間くらい待ったけど

満足度が高いクリニックでした。

 

あーでも、

こうやって書くと、病気の特徴にもよるかもしれないなぁ。

 

かかりつけ医と、かかりつけ薬局が大事というのは

こうゆうところからもある気がする。

病気で苦しい中、余計なストレスを感じないように。

 

にほんブログ村 病気ブログ 特発性血小板減少性紫斑病へ

投稿を作成しました 35

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る