治療のために仕事をする

仕事のためにいろんなものを犠牲にしてきたと言ったけど

犠牲にしてきたのは治療のためだった

itpになって、生きるために、治療するために
仕事を変えた
この治療の最中は妊娠しないでと言われた
でもこの治療は私は年に1回やっているのでもうほぼ妊娠出来ないと思っている

妊娠出来ないなら、子供産めないなら
自分の価値がないと思った。結婚も諦めてる。
結婚しないなら恋愛もする必要ないと思った。

適当な人と適当に付き合って適当に過ごしたかったけど

脱毛症で髪の毛がなくて
適当に付き合うことも出来ないと思った

病気になって自分に価値がなくなって
自分に自信がなくなって

それを取り戻せたのが仕事だったと思う。


仕事を頑張って、認められて
お客さんの役に立って、会社を支えることが出来ることで

やっと自分が満たされてたんだと思う。


いろんなものを犠牲にして、仕事を頑張ってるっていうのは違う。

病気で諦めてきたものを満たしてくれたのが仕事という居場所だったのに
それでも満たされないと言って、全部仕事のせいだとすり替えた

 
こんなこと言ってる間に病気の再燃がやってきて
また治療して妊娠するなよって言われて
もう私は仕事するしかないから仕事しようって言い聞かせるんだな


治療したくないなって思うけど
出血傾向の恐怖に耐えられなくて結局治療する

治療しなくても地獄だししても地獄。
 

にほんブログ村 病気ブログ 特発性血小板減少性紫斑病へ

投稿を作成しました 56

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る