警察署にて被害者供述調書をしてきた

今日は疲れた1日だったなぁ。。

 

昨日遅くまで点滴打って、家帰って入院準備して

朝早く起きて警察署に行って供述調書してきて

 

警察の方が、

今日はこれからお仕事ですか?

って聞くから

「あ、このまま病院に入院しに行くんです」

って答えたらかなり驚いてた。

 

当日のことを思い出しながら

しっかり答えようと意気込んでたけど

寝てたんですよね。しっかり。

 

事故に遭うまで、運転の様子はどうだったか、覚えてますか?

『うーん。。寝てたんで、良くわからないです』

 

シートベルトはつけてましたか?

『つけてないです。すみません。。』

 

どうやって事故に遭ったか、わかりますか?

『事故に遭った時は寝てたのでわからなかったですが、救急車で運ばれる時、救急隊の方がパンクが原因だと言っていたのは聞きました。』

 

主に聞かれたのはこれくらいで、

事故当日病院でもらった診断書を渡して終わり。

診断書の原本は、裁判所に渡すみたいです。

 

診断書はあくまでも、運転手さんの処罰を決める判断材料になるだけであって

私が受け取れる慰謝料?とか示談金には関係ないので

あんまり深く考えないでいいとのことでした。

 

最後に質問ありますか?って聞かれたので

思い切って・・

 

『事故の原因は、パンクが原因だったんでしょうか?』

と聞いたら

パンクが原因ではないです。

と。

『え?』

パンクしてマンションに突っ込む前に、ガードレールにぶつかってるんですよ

『??? それは、あれですか?あの、その、、運転手さんの不注意ってことでしょうか。』

そうですね。左右の幅感覚がはっきりとわかっていないかったのかもしれません。ボイレコを見る限り、運転手さんが眠たそうにしている様子もなく、しっかり運転されていたので。若干、年配の運転手さんでしたね。

と。

『え、ガードレールにぶつかって、パンクしたらすぐに止まれなかったんですか?』

何キロ出していたかわかりませんが、ガードレールにぶつかって、パンクしてマンションに突っ込むまで、1秒くらいだったと思いますよ。

『へぇ、、、』

 

なんか、普通にもやもやしてしまった。

 

あ、最後に、

『運転手さんに私の個人の携帯番号を教えてないのに電話がかかってきて、

個人携帯の番号は警察の人から教えてもらったと言っていたんですけど

そういうことするんですか?』

と聞いたら、

 

え、普通はそんなことしないですが、他の者が伝えてしまったのかもしれません。

代わりにお詫びします。すみません。

と言われたんだけど

 

普通、教えなくないですか?個人情報。

被害者の個人情報を加害者に。

 

運転手さんから直接電話がかかってきて

本当に申し訳ございませんでした、直接お詫びがしたいので

お会いできませんかって言われてもさ、、

 

起きてしまったことはもう巻き戻せないし

謝って自分の気が済みたいだけでしょ。

あなたの自己満足に費やす時間なんか無いし

ただただ不快。

電話番号教えた警察も不快だし、

執拗に電話をかけてくる運転手も不快。

 

保険会社に

自分がITP(特発性血小板減少性紫斑病)で

事故が影響して悪化した可能性があると考えています

主治医もそういう見解ですと伝えたけど

因果関係についてはまだよくわからないですよね?

って言われたのもなんか不快。

 

そりゃね、保険会社ってお仕事上

簡単に認めちゃいけないのはわかるよ

分かるんだけどさ・・

怪我したこっちの身にもなってくれよ。

事故で出来たあざのせいで血小板が消費されたんだろうが。

事故に遭うまで、レボレードさえ飲んでいれば

口腔内出血はなかったし、鼻血もなかったんだよ

 

事故が起きてから、出血が止まらなくなったんだよ

過去一番の出血傾向だよ。

 

私はさ、薬を最小限にして、生きられるように調整してたんだよ

普通に生きて、数時間前まで普通に仕事をしてたのに

あなたたちのせいでまた入院して、

治療方針を改めて考え直さなきゃいけなくて

また病院に責め立てられながら、

わがまま言ってないでプレドニン飲ませておけばいいんだよ

あの患者めんどくせーなって陰で言われる羽目になるんだよ

 

疲れるわ。

にほんブログ村 病気ブログ 特発性血小板減少性紫斑病へ

投稿を作成しました 45

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る