脾臓摘出(決意)

今日も昨日に引き続き、寒い日1日でした・・

さて、今日は経験治療のひとつ、

2013年9月に行った脾臓摘出について

更新したいと思います。

ステロイド服薬の効果がなくなってきた頃、

先生から脾臓摘出手術を打診されました。

患者さんの多くは、脾臓摘出手術は

やりたくないと言う方が多いそうです。

当時の私は、脾臓摘出手術への抵抗はありませんでした。

手術をすれば7割の方が治ると言われてましたし

腹腔鏡手術で済むので、術後の傷も目立たないと言われました。

うーーーーーーん 

いや、単純に

なにかしらの治療をしなければならない中で
次の治療が脾臓摘出だった。

ただ、それだけで受け入れられました。

あとは、ステロイド副作用による、

むくんだ顔・肌荒れから解放されたかったから。

(22歳の女の子なので。)

その場で、1か月後(※最短)に手術を予約し、その日は帰りました。

つづく

にほんブログ村 病気ブログ 特発性血小板減少性紫斑病へ
にほんブログ村

投稿を作成しました 207

脾臓摘出(決意)” に 2 件のコメント

  1. 〉副作用による、このむくんだ顔・肌荒れから解放される

    22歳、顔にくる治療ってツライわぁー\(*T▽T*)/
    今の歳だって嫌だしっ

    でも辛そうっていうよりも、
    次に進むっていう潔さを感じる!

  2. まきこさん

    コメントありがとうございます!

    >次に進むっていう潔さを感じる
    当時、看護師さんからも言われました!笑

まきこ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る