血小板減少性紫斑病(ITP)とは

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)とは、

明らかな基礎疾患や原因薬剤の関与がなく

血小板が減少し、出血の危険が高まる病気で、

国が指定する難病(特定疾患)の対象となります。

原因

血小板に対する「自己抗体」ができ、この自己抗体により
脾臓で血小板が破壊されるために、
血小板の数が減ってしまうと推定されています。

しかしながら、なぜ「自己抗体」ができるのかについては、
未だはっきりとしたことはわかっていないのが現状です。

また、この抗体は骨髄での血小板産生能も障害し、

血小板産生を低下させるといわれています。

症状
・点状や斑状の皮膚にみられる出血
・歯ぐきからの出血、口腔粘膜出血
鼻血
便血が混じったり、黒い便が出る
・尿に血が混じって、赤色や紅茶のような色になる
・月経過多、生理が止まりにくい
・重症な場合は、脳出血

治療
治療の目標は、出血を防ぐことです。

血小板を破壊する自己抗体に対する治療 
・ステロイド(プレドニン) 
・IVIG 
・脾臓摘出 
・リツキサン 等 

血小板生産に対する治療
 
・レボレード 
・ロミプレート 等 

参考リンク
難病情報センター|特発性血小板減少性紫斑病

http://www.nanbyou.or.jp/entry/157

特発性血小板減少性紫斑病|ITPナビ
http://www.kyowa-kirin.co.jp/itp/about.html

 にほんブログ村 病気ブログ 特発性血小板減少性紫斑病へ 

にほんブログ村 

投稿を作成しました 207

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る