ITPと生理

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)と生理って

無関係でもないと思ってて、

やや影響あるかな、くらいに思ってます。

私は、プレドニンを飲んでいません。

そのせいでここ3-4年の間、再燃を繰り返してます。

再燃しては入院して

免疫グロブリン、リツキサンをして

退院してそれの効果が切れたら

また再燃、また入院の繰り返し。

だから

自分に出来た痣、色とか範囲、

ぶつけた時のを覚えているか、痣が治る期間で

今の血小板(PLT)数値がだいたいわかる。

それくらい再燃を繰り返して採血もしたから。

っていうのは前置きで、今日は生理とITPの話。

ピルでホルモンバランス調整(=出血量を調整)しているとはいえ、

生理が始まったら3日くらいまでは出血量は多い。

だからか、

経験上、生理期間中は痣が出来やすい。

いつぶつけたか無自覚で出来ている痣

膝下の紫斑もよく出来る。

そこまで心配がいらない症状は

痣の色が赤かったり、

1日で痣の色が変化したりするのは

治りが早いってことだから

一時的に低かったってことがわかる。

逆に注意が必要なのは

痣の色が紫で広範囲、なかなか色が変化しない(濃いほど注意)

膝下の紫斑がはっきりと見える、増えるなど。

そういう時はだいたいPLT0.1万以下で

入院する羽目になる。

今は寒いから露出する機会が少ないと思うけど

あったかくなってきて腕とか足を出すのであれば

レボレードとかを飲んで痣を消してあげた方が

周りに気を使われないかもね。

レボレードは新薬の飲み薬で

骨髄にアプローチする薬

血小板の生産を促す作用があります。

いつ飲んでも、やめても大丈夫で

空腹時であれば午前でも午後でも飲んでOK

プレドニンよりめんどくさくはないと思う。

投稿を作成しました 36

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る