持病は完治されてますか?

最近、ダイエット目的で骨盤矯正やら痩身エステやらカッピングやらをやっているサロンをずーっと見てて。

「よーし、ここにしよう!」って決めて予約したら、お店からすぐ連絡が来てて。出られなかったんですけど

何度かこちらから折り返しましたが、タイミングが悪くて当日まで繋がらず。

当日の朝にようやく電話が繋がり、やっと出来た会話が

 

「持病は完治されてますか?」

って聞かれて

 

あー、完治はしてないですけど、しばらく落ち着いてますし薬も飲んでない状態です。

 

「あー…じゃあちょっと完治してないのであれば、当店では難しいですね…」

 

あ、そうなんですか?

 

「はい。私もこちらの病気を知らなくて調べたんですけど、出血があるんですよね?ハードな運動とか出来ないんですよね…?当店の施術は強めのマッサージですし、筋肉も結構動かすので、お客様の大事なお身体に何かあったらちょっと…」

 

あ、では近い内に通院があるので、その時に主治医に聞いてみて、良いと言われたらまた予約してもいいですか?

 

「はい!完治したら問題ないです。またご予約お待ちしてます。」

 

と、言われたという話。

 

そこまで、というか全然落ち込んではないの。

友達に話したら、別に私でも通えるサロンをまた探せばいいって言われたし

 

眉毛のアートメイクは皮膚をザクザク切るけど

医師が居るからitpでも受けていいと判断出来るのであって

大体のサロンはこういう判断出来ないんだろうなと思った。

(出来ないじゃないか、する必要がないのか。)

 

いや、文句が言いたいわけではなくて

久しぶりに、少しだけ、生きづらさを感じたって話。

 

今週も頑張ろう~

にほんブログ村 病気ブログ 特発性血小板減少性紫斑病へ

投稿を作成しました 56

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る